Born in Ishikawa, Japan in 1991. Rui Yamaguchi graduated from Kansai University’s Faculty of Business and Commerce (BA, 2015) and is currently completing an MA in Tokyo University of the Arts’ Department of Intermedia Art. Yamaguchi now lives and works in Ishikawa and Tokyo. He is currently an exchange student at Beaux-Arts de Paris.

He makes video installations that recapture the contours of identity through the act of visualizing boundaries.

Yamaguchi has exhibited in Japan and internationally; including at: “139days” at the Beaux-Arts de Paris (Paris, France) “CAF Contemporary Art Award Finalist Exhibition“ at the Daikanyama Hillside Forum (Tokyo, Japan), “ON LIMITS” at the Shinyurakucho #Sonoaida (Tokyo, Japan), “A-TOM ART AWARD 2022 Vernacular and Dawn” at the CourtyardHIROO (Tokyo, Japan).

EDUCATIONAL BACKGROUND
2023 Sep – exchange program, École nationale supérieure des beaux-arts, Paris
2022 Apr – present Intermedia Art, Tokyo University of Arts, Tokyo
2015 B.D. Faculty of Business and Commerce, Kansai University, Osaka

SOLO EXHIBITIONS
2020 Suchness / JOINT GALLERY HARAJUKU, Tokyo

GROUP EXHIBITIONS
2024 139days / Beaux-Arts de Paris, Galerie droite, Paris
2023 CAF Contemporary Art Award Finalist Exhibition / Daikanyama Hillside Forum, Tokyo
2023 Itsumono Sono aida / Shinyurakucho#Sonoaida, Tokyo
2023 EXHIBITION WORK IN PROGRESS 2023 / Tokyo University of Arts, Ibaraki, Japan
2023 ON LIMITS / Shinyurakucho#Sonoaida, Tokyo
2022 A-TOM ART AWARD 2022 Vernacular and Dawn / CourtyardHIROO, Tokyo
2022 100人10 / Tokyo Midtown, Tokyo
2022 On My Way – Sharing Experiences / Under the Mango Tree, Berlin
2022 ATLAS 2022 / Tokyo University of Arts, Ibaraki, Japan
2021 Art Festival Sumida Mukojima EXPO / Tokyo
2021 GRADATION / Shibuya Parco, Tokyo
2021 artwork fukuoka / Whask, Fukuoka, Japan
2021 AIR 1/2F / BnA Alter Museum, Kyoto
2021 Born New Art / Shibuya Scramble Square, Tokyo

AWARDS, GRANTS, RESIDENCIES
2023 Shinyurakucho#Sonoaida(Tokyo)
2022 A-TOM ART AWARD 2022 Sonoaida Award
2022 MICRO ART WORK-ATION(MAW), Around Yoshiwara Shopping Street, Fuji City, Shizuoka Prefecture
2021 BnA Alter Museum(Kyoto)
2020 Support for Continuing Cultural and Artistic Activities(Agency for Cultural Affairs of Japan)

WORKSHOP, ARTIST TALK, TEACHING EXPERIENCES
2023 OUT SCHOOL 2023 Toyama School Lecturer/ Curator of the exhibition “Fluctuation of Drift”
2023 Artist Talk / Shinyurakucho#Sonoaida, Tokyo
2022 HOT SANDWICH MAKERS CLUB Workshop A-TOM ART AWARD 2022 Vernacular and Dawn / CourtyardHIROO, Tokyo
2022 HOT SANDWICH MAKERS CLUB Workshop We are from human(Cooperation: Yoshiwara Chuo Culture Center, Arts Council Shizuoka), Shizuoka, Japan
2022 Traveling Only With A Smartphone WORKSHOP / FUTURE GATEWAY, KDDI research atelier
2021 『PRDX PARADOX TOKYO』 21SS ARTISTS COLLABORATION PROJECT

BIBLIOGRAPHY
2023 100BANCH MAGAZINE(Web magazine)
2022 Shizuoka Newspaper
2022 TAKURAMI LAB(Web magazine)
2022 FUTURE GATEWAY(Web magazine)
2022 Abema Prime(TV)
2020 TIMELINE(YouTube)
2020 ShinR25(Web magazine)

美術家。1991年石川県生まれ。東京と金沢を拠点にパフォーマンスや映像インスタレーション作品などの制作を行う。2015年に関西大学で学士号を取得。2023年、東京藝術大学美術研究科先端芸術表現専攻修士課程に在籍。現在、パリ国立高等美術学校(Beaux-Arts de Paris)に交換留学中。

持ち物スマートフォンのみで海外を旅する《スマホ1台旅》、バックグラウンドの異なる者同士をつなぎ合わせていく《ホットサンドメーカーズクラブ》など、旅をしながらその土地の境界線を可視化するアクションを通じてシステムに帰属するアイデンティティを捉える。

近年の主な展示に「139days」(パリ国立高等美術学校、2024年)、「現代芸術振興財団CAF賞ファイナリスト展」(代官山ヒルサイドフォーラム、2023年)、「ON LIMITS」(新有楽町#ソノアイダ、2023年)、「A-TOM ART AWARD 2022 ヴァナキュラーと夜明け」(コートヤードHIROO、2022年)、などがある。

学歴
2023年 パリ国立高等美術学校 交換留学中
2023年 東京藝術大学美術研究科先端芸術表現専攻修士課程 在籍
2015年 関西大学商学部 卒業

個展
2020年 「Suchness」JOINT GALLERY HARAJUKU, 東京

グループ展
2024年 「139days」パリ国立高等美術学校 Galerie droite(フランス )
2023年 「現代芸術振興財団CAF賞ファイナリスト展」代官山ヒルサイドフォーラム(東京)
2023年 「いつものソノ アイダ」新有楽町#ソノアイダ(東京)
2023年 「WIP展 2023」東京藝術大学(茨城)
2023年 「ON LIMITS」新有楽町#ソノアイダ(東京)
2022年 「A-TOM ART AWARD 2022 ヴァナキュラーと夜明け」コートヤードHIROO(東京)
2022年 「100人10」東京ミッドタウン(東京)
2022年 「On My Way – Sharing Experiences」Under the Mango Tree(ドイツ)
2022年 「ATLAS 2022」東京藝術大学(茨城)
2021年 「すみだ向島EXPO 芸術祭」(東京)
2021年 「GRADATION」渋谷パルコ(東京)
2021年 「artwork fukuoka」Whask(福岡)
2021年 「AIR 1/2F」BnA Alter Museum(京都)
2021年 「Born New Art」渋谷スクランブルスクエア(東京)

受賞、助成、レジデンス歴
2023年 ソノ アイダ#新有楽町(東京)
2022年 A-TOM ART AWARD 2022 ソノアイダ賞 受賞
2022年 マイクロ・アート・ワーケーション(MAW), 静岡県富士市吉原商店街周辺
2021年 BnA Alter Museum, 1,2階制作枠(京都)
2020年 文化芸術活動継続支援事業(文化庁)採択

主なプロジェクト、ワークショップ、アーティストトーク、コミッション、教職
2023年 OUT SCHOOL 2023 富山校講師 / 成果発表展「漂流のゆらめき」キュレーション担当
2023年 「Artist Talk 池田 杏莉/山口 塁/藤元 明/青井 茂」新有楽町#ソノアイダ(東京)
2022年 ホットサンドメーカーズクラブワークショップ A-TOM ART AWARD 2022「ヴァナキュラーと夜明け」
2022年 ホットサンドメーカーズクラブワークショップ 「We are from human」(協力:吉原中央カルチャーセンター、アーツカウンシル静岡)
2022年 「スマホ1台旅プロジェクト」FUTURE GATEWAY, KDDI research atelier
2021年 『PRDX PARADOX TOKYO』 21SS ARTISTS COLLABORATION PROJECT

取材・メディア掲載
2023年 100BANCH MAGAZINE「「道草を楽しめ」予想外が人生を豊かにする DELIVERY DRAWING PROJECT:山口塁」
2022年 静岡新聞「アートの発想、住民交流で 富士・吉原商店街 美術家2人が滞在」
2022年 TAKURAMI LAB「失敗や回り道を見せると、企画はおもしろくなる。プロ無職・るってぃさん【アートのTAKURAMI】」
2022年 FUTURE GATEWAY「プロ無職、そして美術家として。今までの全てを抱えてアート業界のあり方を捉え直す 山口塁」
2022年 Abema Prime出演
2020年 TIMELINE「自由を究めた“プロ無職”の自己変革!選んだのは300万円より現代アート」
2020年 新R25掲載「「わかる~!と共感されるたび、ヤバイと思っていた」“プロ無職”るってぃがSNSを離れた理由」
2020年 「若者たちのニューノーマル Z世代、コロナ禍を生きる (牛窪恵著,日経プレミアシリーズ)」 掲載