《Suchness》

2020, 2270 × 1580mm
Acrylic on canvas

東京から地元金沢に制作拠点を移し「描く瞑想」として1年間、SMホールキャンバスに絵の具を塗り重ねていくプロジェクト。

インターネット上での情報発信から活動をスタートした私にとって、はじめてSNSと言葉から距離を取ることとなった。

タイトルの「Suchness」は禅を世界的に広めた鈴木大拙が「真如(あるがまま)」を英語翻訳した際につけた言葉である。

2020年12月にプロジェクトの集大成としてJOINT GALEERY HARAJUKUにて初個展「Suchness」を開催。美術家としてのキャリアを正式にスタートさせた。

 

《Suchness_VR》

2020, Virtual Installation

Collaborate with Maple

《Neutralize(無化します)#15》

2021, 227 x 158mm
Acrylic, silver plate on canvas

 

Installation view from “Suchness” at JOINT GALLERY HARAJUKU ,Tokyo

Dec. 10-15, 2020

Photo : Keisuke Ando, Fuyu Kamishima, So Nishimaru