《desire #1》

2020, 534 × 800 mm
Acrylic, dichroic film, UV direct print on gloss photo paper

ダイクロイックフィルムを用いた「過剰装飾」を通じて、逆説的にアテンション・エコノミーへの抵抗を示すデジタルコラージュ作品。

かつてアンディ・ウォーホールは「誰もが15分以内に有名⼈になれる」と⾔った。

SNSは人間関係の繋がりを促すだけでなく、もはやデジタル・ポピュリズムの温床と化し、過激な言葉は分断と#FOMO(fear of missing out;取り残されることへの恐怖)を加速させる。

《desire #14》

2020, 561 × 841mm
Acrylic, dichroic film, UV direct print on composite aluminum plate

 

《desire #18》

2020, 561 × 841mm
Acrylic, dichroic film, UV direct print on composite aluminum plate

 

《desire #24》

2021, 561 x 841mm
Acrylic, dichroic film, UV direct print on composite aluminum plate

Photo: So Nishimaru, Keisuke Ando